フラット35Sの優遇制度とは?

長期固定金利住宅ローンとして、「フラット35」というものがあります。
これは、最長で35年の住宅ローンであり、利用にあたって保証料が掛からない事や保証人が必要ないということで、人気があります。
また、固定金利を採用しているので、返済計画を立てやすいというメリットもあります。
そんなフラット35の申し込みを行う人が、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅を手に入れる場合に、フラット35の借入金利を一定期間引き下げるという制度が「フラット35S」です。
フラット35Sの対象となる人は、受付期間中に申し込みを受け付けている金融機関に申し込みを行った人、技術基準に適合しているということを証明する書類を金融機関に提出した人ということになります。
この2つの条件を満たしている事が大切です。
なお、適合証明書の提出に関しては、資金受取前までの提出であり申し込み時に提出する必要はありません。
新築住宅・中古住宅に問わず適用されます。