光インターネットには戸建てタイプと集合住宅タイプがあります

光インターネットのキャリアの料金プランには、戸建てタイプ(ファミリータイプ)と集合住宅タイプ(マンションタイプ)があります。
どのキャリアでも集合住宅タイプの方が戸建てタイプの料金よりも低く設定されています。
そのため、一軒家に住んでいる光インターネットユーザーの中には「損をしている」と考える人もいるかもしれません。
確かに戸建てタイプは集合住宅タイプに比べて料金は高いですが、集合住宅は「選択の自由」が限られてしまうというデメリットがあります。
特にauの場合はauの回線が設置されていない集合住宅は「サービスエリア外」という扱いをされる事がありますし、夜間などは回線が混んで速度が落ちるということが多いそうです。
それらの点では、戸建てタイプの方が断然有利です。